インフラ基礎(CPU,HDD)

インフラの基礎(CPU,メモリ,HDD,OSの関係 )

インフラ基礎(CPU,HDD)
スポンサーリンク

PCを構成する各種の役割

今日はみなさんが使うPCを構成するハードウェア(触れる物理的なもの)、ソフトウェア(触れることはできないもの)を人に説明できるように勉強しましょう!

これを理解できれば、PCを買うときの基準にもなりますので、誰もが知っておくといい知識と思います(^ ^)

 

登場する単語

① OS:ハードウェアやソフトウェアを動かすためのソフトウェア

 例:Windows10、MacOS、Linux等

 

② HDD、SSD:記憶装置(データの保管庫)

 

③ CPU:データ処理、計算する装置

 

④ メモリ:CPUが処理を実行するための作業スペース

 

スポンサーリンク

図解で理解する

人間世界では↓のようなイメージですね。

・管理人(全体を見る)のOS

・頭脳(処理の速さに影響)のCPU

・容量(保存量に影響)のHDD・SSD

・作業場提供(同時作業量に影響)のメモリ

PCを構成するOS,CPU,メモリ,HDDの関係

 

HDDとSSDの違い

よく名前は聞きますが、どのような違いがあるかをみてみましょう!

 

HDD(「ハードディスク」と呼ばれる記憶装置)

記憶媒体が磁気ディスクです。

 

SSD

HDDと違うのは、記憶媒体が半導体メモリです。

 

表にまとめるとこんな感じです。

名前 メリットデメリット備考
SSD高速アクセス
衝撃に強い
静音
低消費電力
容量あたりの価格が高い
容量が小さい
書き換え回数に限度あり
長期間使用しないとデータ消失
HDDよろ寿命短め
USBメモリ
SDカード
も同様の仕組み
HDD容量あたりの価格が安い
大容量
長期間の保存が可能
アクセス速度が劣る
振動、衝撃に弱い
駆動部分があるため消費電力が高い
動作音と発熱を伴う
 

使い分けとしては、スペード重視ならSSD容量重視ならHDDという感じですね!!

 

スポンサーリンク

まとめ

あまり何も考えずにPCを買う方もいると思いますが、

CPUのスペックとか、HDDでいいのかを考えて買えるようになると

よくない商品を買わなくなると思います。

知識って大事なので、ぜひ覚えてもらえたらいいなーと(^ ^)

 

それでは今日はここまで。

Excelでできる分析

「業務改善も何から始めていいのか、わからない」という声をお助け!
Excelからはじめるデータ分析ステップはこちらをご覧ください 

  

 

 

 

スポンサーリンク