【テキスト・画像】無料で使えるAIソフトウェア一覧

【テキスト・画像】無料で使えるAIソフトウェア一覧

【テキスト・画像】無料で使えるAIソフトウェア一覧
スポンサーリンク

はじめに

AI技術は現代社会において欠かせない存在となっています。ビジネス分野においても、AIを活用した効率化やデータ分析が進んでおり、AIソフトウェアサービスの需要が高まっています。近年、「ChatGPT」というAIサービスが無料で使えることで人気となっています。

しかしながら、ChatGPT以外にも、様々な目的に応じたAIソフトウェアサービスが存在します。AIサービスが多すぎて分からないこともあり、今回はで使える自然言語処理(テキスト)と画像生成AIソフトウェアをまとめてみました。

自然言語処理(テキスト) AIサービス

まず、自然言語処理とは人間が使う自然言語(日本語や英語など)をコンピュータに理解させ、コンピュータと自然言語でコミュニケーションをするための技術のことです。具体的には、文章を解析して意味を理解したり、文章の要約や翻訳を行ったりすることができます。自然言語処理は、テキスト解析や機械翻訳、音声認識などの分野で活用され、今後ますます重要性が高まる技術の一つです。

今回は「あなたは何か?」という同じテーマでそれぞれテキストAIツールに聞いてみました。

スポンサーリンク

ChatGPT

自然な会話ができるチャットボット。質問に答えるだけでなく、小説を書いたり独自性、多彩な知識あり。インターネット接続していない情報であるため、最新情報はデータなかったりします。アカウント作成が必要です。

chatgpt

関連記事

ChatGPTとは?ChatGPTはコンピュータとの会話を楽しむためのツールです。言い換えれば、コンピュータとおしゃべりできる友達のような存在です。ChatGPTに質問をすると、それに答えてくれたり、おしゃべりを楽しんだりするこ[…]

【テンプレートあり】ChatGPTの効率的に使うコツ

BIng

マイクロソフトの検索チャットボット。検索ソース元なども記載してくれる。インターネット接続のため、最新情報も取得できます。

bingAI

スポンサーリンク

YouChat

ChatGPTを利用したテキストチャット。Google Playで無料でダウンロードできるアプリとして利用され、インターネット接続のため、最新情報も取得できます。登録は必要ですが、無料で利用できます。

Perplexity.ai

検索要約チャットボット。検索ソース元なども記載してくれる。インターネット接続のため、最新情報も取得できます。登録しなくても使えます。

Perplexity.ai

Character.ai

キャラクターテキストチャットボット。エリザベス女王やイーロン・マスクなど、実在の人物や架空ハリー・ポッター、マリオなどのキャラクターなどとチャットできます。無料プランでは日本語選択できず、翻訳も怪しそうです。登録しなくても使えます。

Character.ai

結論

最新情報が必要でない場合は「ChatGPT」、最新情報が必要なら「Bing」が良さそう!

画像生成 AIサービス

画像生成とは、コンピュータが自動的に画像を作る技術です。例えば、有名な画家のスタイルをコンピュータで再現したり、空想上の風景や人物を自動生成したりすることができます。これを実現するために、コンピュータはたくさんの画像データを学習し、その中から特徴を抽出して新しい画像を作り出します。

今回は「猫が月夜にお互いを見つめるアニメらしい幻想的な画像」という同じテーマでそれぞれ画像を作成してみました。

Midjourney

Discordというオンラインコミュニケーションツールで使える画像生成サービス。「プロンプト」と呼ばれる画像の説明から、画像を生成することができます。無料プランでは商用利用できませんが、質が高いため試してみるとよいです。

※非常に多くのお申し込みがあるため、現在は無料トライアルを提供することができないとの事でした。(2023/4/10時点)

Stable Diffusion

ブラウザで試せるツールもある画像生成サービス。「プロンプト」と呼ばれる画像の説明から、画像を生成することができます。無料プランでは商用利用できませんが、pythonなどのプログラミングにより自身のPC上でも実行できます。

Stable Diffusion

Craiyon

ブラウザの画像生成サービス。「プロンプト」と呼ばれる画像の説明から、画像を生成することができます。Stable DiffusionやMidjourneyは4枚の画像作成ですが、Craiyonは9枚の画像を生成します。

個人的な目的や非営利的な目的であれば、無料で商用利用できます。(出典明記は必要)

craiyon

Leonardo.Ai

ブラウザの画像生成サービス。画像編集や画像補完などもでき、生成後の画像加工も精密にできます。「プロンプト」と呼ばれる画像の説明から、画像を生成することができます。商用利用に関する明確な記載はないため、使う際は自己責任で行ってください。

Leonardo.Ai

Canva(Text to Image機能)

オンラインで使えるテキストから画像生成サービス。Canvaはその他にもロゴなどチラシなどのデザインも作成できるため、画像生成以外のこともできます。

無料で使えますが、商用利用までできるか明記がないため、サポート確認することをおすすめします。canva

AIいらすとや

スマホで使えるテキストから画像生成サービス。生成した画像は個人利用や商用利用に関わらず、無料で自由に使えます。

結論

登録不要なら「Craiyon」、画像加工や編集も一緒にしたいなら「Leonardo.Ai」

まとめ

自然言語処理(テキスト)AIサービスで同じキーワードで質問しても、柔軟性を持つ「ChatGPT」、検索から回答する「Perplexity.ai」、中間的な役割な「Bing」、キャラクターになりきる「Character.ai」などそれぞれの特色が見えました。

同様に画像生成AIサービスも画像印象が全く異なり、絵本っぽい「Stable Diffusion」、多くの画像を生成できる「Craiyon」、繊細なイメージを与える「Leonardo.Ai」、一番アニメっぽい印象にできた「Canva」と様々な特色が見えました。

どれも無料で使えるとは思えないクオリティで今後がますます楽しみです。

 

PRサイト
「ChatGPTと何か?副業に挑戦したい、資格を取得したい、悩みがある」など解決できるオンライン学習おすすめサイトはこちら

 

  

 

 

 

スポンサーリンク