AWS SAA-C02試験    オンラインで受けてみた結果

AWS SAA-C02試験 オンラインで受けてみた

AWS SAA-C02試験    オンラインで受けてみた結果
スポンサーリンク

AWS試験を受けるきっかけ・前提

受けるにあたって、AWSサービス使った経験は・・・まったくありません(笑)

AWS試験を受けるきっかけはプログラミングのAWSサービスを作りたいという話を受けた事。

 

AWSと分からないけど、勉強して触ってAWSに詳しくなりたいというところから勉強始めました!

<勉強した内容>

・本:AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト 改訂第2版

・Udemy:これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座

・WEBサイト:問題集

<2022/6/16追記 おすすめ教材>

・本:AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト問題集

・Udemy:【2022年版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集

関連記事

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトとはソリューションアーキテクトを日本語に直訳すると「問題解決のための仕組みを設計する人」です。AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験ではA[…]

AWS SAA-C02対策 サービス使い方まとめ

<勉強した時間>

60時間程度で2週間

 

オンラインで受ける失敗例

2021年1月3日に英語のオンライン試験監督で予約しました。

英語の試験監督だと土日や年末年始でも選択できます

ピアソンVUEから予約できます。(ピアソンVUEであれば日本語か英語の試験監督か選択できます)

 

<当日>

開始の30分前からチェックインができます。

チェックイン後は本人確認書類、部屋の写真撮影をして不正がないかをチェックされます。

ところが、試験時間になっても確認完了の連絡等もなく、45分以上待っても試験監督現れず・・

祝日だったため、日本語のサポートセンターも繋がらず・・

問い合わせフォームに連絡してその日は諦めて接続切りました(><)

 

<翌日>

サポートセンターに電話で問い合わせしてアメリカでその状況確認して、キャンセルか次に使えるバウチャーが発行されるという事になりました。

キャンセルメールが来たので、次は日本語の試験監督で選択しました。

 

<学び>

日本語の試験監督の場合は時間きっちり!!

英語試験監督は避けるが無難!

ちなみに試験日の24時間以内であれば試験日変更はできます!便利(^^)

 

スポンサーリンク

試験問題は?

詳細は記載できないところも多いですが、思った以上に難しい。

本やUdemyのハンズ オンレベルではサービスの基礎は身についてもアーキテクチャとしてサービスごとの繋がりは理解できません。

最近のはやりはAmazon FSx for LustreやAWS Fargate、AWS Global Accelerator等のAWSが最近のおすすめとしているサービスも出題されていました。

 

試験勉強の振り返り

試験結果は不合格でした。

<足りなかった事>

AWSの試験勉強の問題集をしてもよかった。

 

<良かった事>

Udemyハンズオンである程度サービスの使い方を理解できた。

AWSのAWS サービス別資料(Black Belt)でサービスのまとめや使うポイントを読んでおく。

 

スポンサーリンク

まとめ

オンライン試験を受ける際は日本語の試験監督がおすすめ!

未経験の方はハンズオンは必須。

AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験の範囲は参考程度でAWSがおすすめするサービスの出題もある。

サービスの繋がりをBlack Beltの資料を見て把握する事も大事。

3年間のみ試験有効なので、気が向いたらまた受けます(笑)

Excelでできる分析

「業務改善も何から始めていいのか、わからない」という声をお助け!
Excelからはじめるデータ分析ステップはこちらをご覧ください 

  

 

 

 

スポンサーリンク