MVCモデルとは

MVCモデルとは?

MVCモデルとは
スポンサーリンク

概念

MVCモデルとは、特定の機能のことではなく、アプリケーションを作成する時にコードを綺麗に保って管理するための考え方です。

役割ごとにModel、View、Controllerに分割したもので、それぞれの頭文字を取ってMVCモデルと言います。

 

それぞれの役割

はじめになぜ役割を分けたのかというと、同じ処理のコードでも書き方は色々とできます。

そのため、色々な書き方ではコードのメンテナンスが大変になってしまうため、役割を分ける事(MVCモデル)で管理が簡単になるという訳です!

ではどのような役割かをみてみましょう!

 

  • Viewはブラウザでの表示を担当
  • ControllerはModelとViewをつなぐ仲介担当
  • Modelはデータの処理やデータベースとやりとり担当

MVCモデルの役割は以下のようなイメージです(^ ^)

 

スポンサーリンク

メリット・デメリット

<メリット>

  • 役割を分ける事で、エンジニアやデザイナー等が効率よく開発ができる。
  • Model、View、Controllerが独立しているため、追加開発、修正等に柔軟に対応できる

 

<デメリット>

  • コードを分けるため、記載する時間がかかる

 

MVCでは、デメリットよりメリットの方が大きいそうです(^ ^)

 

まとめ

MVCモデルは、WEBの入力画面等でよく使われます。

分かりやすく、より効率的に開発できる知識となります。

 

それでは今日はここまで。

Excelでできる分析

「業務改善も何から始めていいのか、わからない」という声をお助け!
Excelからはじめるデータ分析ステップはこちらをご覧ください 

  

 

 

 

スポンサーリンク