【SAA-C03】AWSの旧試験と新試験の違い

【SAA-C03】AWSの旧試験と新試験の違い

【SAA-C03】AWSの旧試験と新試験の違い
スポンサーリンク

AWS SAA-C03試験とは

2022年8月30日より、AWS Certified Solutions Architect Associate の新試験であるSAA-C03試験となります。

SAA-C03試験は2022年7月26日から申し込み可能です。

今回はSAA-C02試験は2022年8月29日まで受講可能です。

2022 年 8 月 30 日より、AWS Certified Solutions Architect – Associate 試験の新しいバージョンが利用可能になります。試験の詳細に変更はございません。AWS Certified Solutions Architect – Associate 試験のこれらのアップデートにより、現在の AWS のサービスおよびベストプラクティスに関する知識とスキルが確実に検証されるようになります。この新試験バージョンは、AWS プラットフォームでの急速なイノベーション速度と、AWS クラウドアーキテクチャの最新のベストプラクティスを反映するために、更新されたコンテンツを含みます。これは、セキュリティ、耐障害性、ハイパフォーマンス、コスト最適化などのカテゴリにおける AWS のサービスやイノベーションと連携しています。更新された試験ガイドを確認し、実現できることを学び、準備に役立ててください。現在の AWS Certified Solutions Architect – Associate 試験の準備をされている方、または再認定が必要な方は、2022 年 8 月 29日 までに必ず現在の試験を受けるようにしましょう!

公式サイトより

今回は何が変わるかポイントをまとめていきます。

SAA-C02からの変更ポイント

公式サイトにも「試験の詳細に変更ない」とのことで大きな構成には変更なさそうです。

ただSAA-C02からの変更がありますので、現段階(2022年6月)の情報をまとめます。

スポンサーリンク

①出題比率の変化

SAA-C02とSAA-C03では出題分野の出題比率が変わります。

SAA-C02とC03の出題比率の違い

  • 弾力性に優れたアーキテクチャの設計計:30%⇒26%
  • 高性能アーキテクチャの設計 :28%⇒24%
  • セキュアなアーキテクチャの設計:24%⇒30%
  • コストを最適化したアーキテクチャの設計:18%⇒20%
SAA-C03ではAWSを使う際の安全性(セキュア)とコスト管理を重視した試験に変化する

②出題サービスの増加

出題されるAWSサービスが20以上増加します。

SAA-C02でもたまに出題されるサービスもあるかと思います。

SAA-C03試験で覚えておくべきサービス
  • AWS Data Exchange
  • AWS Data Pipeline
  • AWS Lake Formation
  • Amazon Managed Streaming for Apache Kafka
  • Amazon AppFlow
  • AWS Outposts
  • VMware Cloud on AWS
  • AWS Wavelength
  • Amazon Neptune
  • Amazon Quantum Ledger Database
  • Amazon Timestream
  • AWS Amplify
  • Amazon Comprehend
  • Amazon Forecast
  • Amazon Fraud Detector
  • Amazon Kendra
  • AWS License Manager
  • Amazon Managed Grafana
  • Amazon Managed Service for Prometheus
  • AWS Proton
  • Amazon Elastic Transcoder
  • Amazon Kinesis Video Streams
  • AWS Application Discovery Service
  • AWS WAF Serverless
  • AWS AppSync
スポンサーリンク

SAA-C03の難易度

出題されるサービスが幅広くなることで「SAA-C02より覚えるサービスが増え、難しくなると言えそうです。

可能なら2022年8月29日までにSAA-C02試験を受ける方がおすすめです。

 

2022年8月30日以降はSAA-C03の再受験は必要?
認定の有効期限が切れていなければ再受験する必要はありません。
AWS認定資格は3年間有効かつ受験した試験の特定のバージョンを指定していないため、試験の更新について不要です。
 

SAA-C03の対策

現状ではSAA-C03を適応した書籍などはありません。

「SAA-C02の書籍やUdemyや問題集サイトを利用して勉強」+「SAA-C03試験で覚えておくべきサービスの用語理解」の方向でいいかと思います!

SAA-C02勉強におすすめの教材

・本:AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト問題集

・Udemy:

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座

【2022年版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集

・WEBサイト:問題集

 

関連記事

AWS試験を受けるきっかけ・前提受けるにあたって、AWSサービス使った経験は・・・まったくありません(笑)AWS試験を受けるきっかけはプログラミングのAWSサービスを作りたいという話を受けた事。[…]

AWS SAA-C02試験    オンラインで受けてみた結果

皆様が合格できることを願ってます!(^^)

Excelでできる分析

「業務改善も何から始めていいのか、わからない」という声をお助け!
Excelからはじめるデータ分析ステップはこちらをご覧ください 

  

 

 

 

スポンサーリンク